特定非営利活動法人環境ネットワーク埼玉

折原米菓工場 省エネ支援事例

【支援前の省エネの課題】 ・ボイラーで使用する重油がエネルギー使用量の75%(費用比率)を占めている ・重油炊きボイラーは、炉筒煙管ボイラー5t/h×1基と貫流ボイラー2t/h×1基で構成されているが、炉筒煙管ボイラーは昭和47年製で経年劣化もあり、効率は80%程度と推定される

支援前に実施したこと

・平成28年度に埼玉県省エネナビゲーター事業の省エネ診断を受診
・診断結果を基に埼玉県のCO2排出削減設備導入補助金を活用して照明設備をLED化
・令和元年度埼玉県の専門診断を受診
・暑さ対策設備等省エネ補助金を活用して屋根の遮熱に取り組む

【支援内容1】バルブ・配管の保温・断熱処理

サーモカメラによる熱ロス確認
⇒保温対策を講じることで重油の使用量の削減が図れる。

【支援内容2】高効率ボイラーへの更新

更新効果の試算を実施した。
⇒炉筒煙管ボイラーを最新型貫流ボイラーに更新することで58.3Klの削減が図れる。

Related Articleその他の関連記事を読む

埼玉県・茨城県省エネ促進プラットフォーム 優良事例について

事例 2021/09/30

その他の関連記事を読む

事例
2021/09/30

埼玉県・茨城県省エネ促進プラットフォーム 優良事例について